読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんぼっち連載コラム③ だんぼっち公式オプション品

だんぼっちといえば使いやすくしたり、防音性を上げたりする”カスタマイズ”が定着しています。

もちろんユーザーさん自らが工夫してカスタマイズを楽しんでいただくのもいいのですが、お手軽にカスタマイズしていただける公式オプション品も販売しています。

 

オプション品①吸音材

だんぼっち内で声を出すと素材の仕様上、やや音の反響があります。

カラオケやプライベートシアターとして使うと、反響によってかなり臨場感があります!

しかし収録などに使う場合、反響があることで音がクリアに録れないことも…。

そこでだんぼっち内の反響音を抑えたい方にオススメ!

 

だんぼっち公式吸音材

f:id:vibelabo:20150311140343p:plain

だんぼっちにぴったりサイズ!

実際に貼ってみた。

 

f:id:vibelabo:20150311140500j:plain

テーブルから上の部分を天井も含めてカバーできます。

 だんぼっち内部で同じ音量の音を流し、

吸音材を貼っていない状態と、 吸音材を張った状態で録音しました。

※再生ボタンを押すと音声が流れます。

吸音材を貼るとが音がクリアになりますね!

音の聞こえ方は好みによりますが、収録に使うのであればオススメです!

だんぼっち専用吸音材:15,000円(税込)

だんぼっちトール専用吸音材:18,700円(税込)

 

オプション品②換気ファン

だんぼっちには換気ダクトがついていますが、それでも密閉度が高いため空気がこもりがち…。

だんぼっちに限った話ではなく、防音室には換気の問題がつきものです。

だんぼっち内に扇風機を入れれば暑さはある程度解消できても、

長時間歌ったりしていると酸素が薄くなってきます。

ドアを開けて空気の入れ替えをするのも面倒だなぁ~

そんなあなたに!

 

換気ファンユニット

f:id:vibelabo:20150311163616j:plain

換気ファンユニット:6,980円(税込)

だんぼっちの換気ダクト内に設置して使用します。

だんぼっち内部の空気を入れ替えを促進するとともに、

外部の空気を取り込むことで熱がこもりがちなだんぼっち内部を冷やす効果があります。 

さらに!

換気ファンは自分で用意するという自作派の方のため、換気ファンを取り付けるための「スペーサーのみ」も販売しております。

換気ファン取り付け用スペーサー

f:id:vibelabo:20150311164640j:plain

換気ファンユニット:1,390円(税込)

市販の換気ファンをこのスペーサーに組み合わせて使います。

使用例についてはこちらの記事で紹介してます!

 

 

さて、現在は以上のオプション品を発売中ですが、

オプション品はユーザー様のご意見を受けて開発したものです。

今後もご要望があれば新製品を開発していきたいと思いますので、

Twitterfacebookよりどんどんご意見をお寄せ下さい!

だんぼっち公式twitter@danbocchi_info

VIBE labo公式FacebookVibe Labo | Facebook